top of page

向日葵のお花、薔薇のお花



めぐちゃんのお好きな花は向日葵です。

なので、フラワースタンドや楽屋花、プレゼントの花束まで、

公演の劇場にはいつもたくさんの向日葵が寄せられています。


どうして向日葵が好きなの?と訊いてみたことがあるのですが、

『お花って可憐で儚いもの、というイメージですが、

向日葵だけはお花だけど強くて格好良いので!』と。

確かに、真夏の陽光を浴びて一本ですっと立ち、咲いている姿が凛々しいですよね。


芍薬や牡丹や睡蓮も、華やかで神秘的なところが美しいと感じるそう。


どれも大輪のお花ですね。

めぐちゃんにぴったりだなと思います。


特に向日葵は花言葉も良い意味のものが多く、

「あなただけを見つめる」

「愛慕」

「崇拝」

「情熱」

「あなたを幸せにします」

「あなたは素晴らしい」

ですからね。

公演の際や記念日なんかに、ご贔屓さんにお贈りするのにはぴったりのお花です!


見た目の雰囲気だと、パステルカラーのスイートピーやチューリップが似合いそうかな?

なんて思ってしまいますが、

意外とめぐちゃん、格好良いものがお好きなんです。


また、それとは別に、

薔薇の香りがお好きだそう。


パウダリーな甘いタイプの香りではなく、フレッシュな石鹸の様なタイプの薔薇だそうです。

ボディーケアアイテムや柔軟剤など、そういう薔薇の香りのものを好んでお使いになっているとか。


香りだけじゃなく、真っ赤な薔薇も、めぐちゃんに似合いそうだなあ。








最新記事

すべて表示

めぐちゃんに叱られる!?

今回は、ご贔屓さんから学んだ、 ものの伝え方って大事だなと思ったお話です。 めぐちゃんは役で色々な口調を使っているので 時代がかった言葉遣いに引っ張られたり、 つい語尾がガサツになってしまうこともあるそう。 その為普段は、極力柔らかい話し方を心掛けている、とおっしゃっていました。 確かに素の彼女は落ち着いた優しい声音です。 上品だしポジティブな言葉選びなので話していると安らぐし元気が出ます。 でも

Kommentare


bottom of page