top of page

舞祭という野外ダンスイベント

めぐちゃんの偉業シリーズ。


ライフワークで、

全国各地の地元の民謡などをダンスミュージックにアレンジした曲に

ヒップホップ系の格好良い振付をつけて

その地元の子供達に踊ってもらう、という、

祖父母世代~親世代~子世代まで巻き込んだ

大きく言うと「土地の文化の次世代への継承」みたいなプロジェクトをやっていらっしゃいます。

立派!


そんなプロジェクト、「かわさき舞祭」の

初代公式インストラクターに19歳で“是非”とただ一人選ばれて就任。


一人で20校以上の小中学校や、更に公共施設・団体をまわって、

インストラクターとしてこのダンスを広めプロジェクトを伝えました。


このプロジェクトは

川崎市の魅力アピールに貢献する事業を、認定・支援する

「川崎市イメージアップ事業」に選ばれました。

テレビ・ラジオ・新聞に何度も取り上げられています。


有名どころだと、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の開館の時にも、

ドラえもん関連のプロジェクトにダンス提供で関わっているようです。


ショウビジネス業界での活躍に加えて、地元川崎市への貢献。

しかも十代から。繰り返しますが、本当に立派です。


全国に広がっているこの「舞祭」というプロジェクト。

屋外で行われるダンスイベントで、

各地の行政や企業も関わる大プロジェクト。

動員は毎回数万人。

凄いのは、客層が本当に老若男女、色んな人が楽しみに集まって、参加していること。


野外のダンスフェスって派手な若者ばかりのイベントかと思いきや(偏見ですね、スミマセン)、

すごくオープンで熱の込められた良い雰囲気でした!

一見グレた子?に見える様な子達も、きちんと素直で、挨拶もしっかり出来るんです。


めぐちゃんのご指導の賜物でしょうね。

こういう場でも、芸能の技術だけじゃなく礼儀作法までもしっかり伝えている。


私みたいに、前情報でちょっと偏見を持ってしまった者も居ると思うんですが、

こういうところがちゃんとしているイベントだ、とわかって、

応援する気持ちになれた。


人を育てる、人の心を動かす。

何万人もの人の先頭で、こういうリーダーシップが取れる人なんだなと、

ご贔屓さんの素晴らしさにまた一つ気付けたイベントでした。



Comments


bottom of page