top of page

モノトーンがお好き

めぐちゃんはモノトーンがお好き。


『私は黒と白が好きです。


何故かと言えば

あらゆる色を、選べないくらい好きだからです。


美術の授業で習う三原色の

○が三つ合わさった図

ご存知の方も多いはず。


全ての美しい色は混ぜると黒になり、

全ての美しい光は混ぜると白になります。


色味の無いように見えて、黒白の中には、

その実あらゆる色が存在している。


其所にロマンがあるんじゃないかと…

割りと真剣に思っているんだけど…

どうだろう?』



↑これは2014年に上演された「MUSICAL ONLY!-monotone-」という作品の当日パンフに添えられていた、

めぐちゃんのメッセージです。


(この公演、

主演も演出も振付もキャスティングも衣装も舞台美術製作も宣伝美術製作も、

何もかもめぐちゃん!の

ファンとしては泣いてしまうぐらい彼女の世界が表現された素晴らしい作品でした。

チケットデザインやチラシ&パンフレット製作までご自分でしたそうで・・・。

それらすべてが素敵でした。

彼女、多才過ぎやしません?)


中でもこの文章が好きなので取り上げさせていただきました。

彼女の作品にモノトーンが多い理由はこういうことなんですね。


普段のお洋服もお稽古着もモノトーンばかりとのこと。

それとは別に、エスニックな柄や刺繍がお好きだそうで、たまに目の醒めるような鮮やかなスカートなんかも着こなしていらっしゃいます。


私が衣装で好きだったのは2014年の「sweet charity」のもの。

シックなブラックドレスから、ステージ上でばあんと早替えした真っ赤なドレス!

鮮烈でした。


2005年の「椿姫」の純白にパールやビーズの刺繍の入ったふわふわドレスも素敵でした。


彼女の生徒さんのお衣装は柄on柄の鮮やか派手!なものが多いですね。

紺や暗い紫かと思ったら曲中で早替えして極彩色が現れるのとか、

すごくめぐちゃんのセンス!という感じがして大好きです。


強い色合いも淡い色合いもキマるなんて、流石です。




最新記事

すべて表示

めぐちゃんに叱られる!?

今回は、ご贔屓さんから学んだ、 ものの伝え方って大事だなと思ったお話です。 めぐちゃんは役で色々な口調を使っているので 時代がかった言葉遣いに引っ張られたり、 つい語尾がガサツになってしまうこともあるそう。 その為普段は、極力柔らかい話し方を心掛けている、とおっしゃっていました。 確かに素の彼女は落ち着いた優しい声音です。 上品だしポジティブな言葉選びなので話していると安らぐし元気が出ます。 でも

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page