top of page

多才と器用貧乏と

めぐちゃんは主な洋舞をほとんど踊る事が出来ます。

キャリアの最初はクラシックバレエからですが、その後

モダン・ジャズ・コンテンポラリー・ヒップホップ・タップ・・・

と、全然違うジャンルを踊るために大変な修行をされているのを、

私はずっと応援してきました。


『ポアントでもヒールでもスニーカーでも裸足でも踊れます!』


と言うのがめぐちゃんの強みです。


更に、歌唱も。

高校生の時から声楽を、23歳からポピュラーヴォーカルをお勉強されています。

もちろん楽典も。


ダンスのお稽古が週に5日、声楽のお稽古が週に1日。

とびきり大変な青春時代だったことでしょう。


ですがその甲斐あって、

めぐちゃんが演じたことのある役を挙げると、

「スイート・チャリティー」のタイトルロール

「マンマ・ミーア」のソフィ

「ミー&マイガール」のビル(男役!)

「ウエストサイドストーリー」のアニタ

「レ・ミゼラブル」のコゼット

「キャッツ」のグリザベラ

「RENT」のミミやモーリーン

「オペラ座の怪人」のクリスティーヌ


そしてオペラは、

「トゥーランドット」のリウ

「ラ・ボエーム」のミミ、ムゼッタ

「ランメルモールのルチア」タイトルロールルチア

(狂乱の場があまりにも有名、コロラトゥーラ最難関のひとつです)

「椿姫」のタイトルロールヴィオレッタ

「カルメン」のタイトルロールカルメン

「セビリアの理髪師」のロジーナ

(こちらもコロラトゥーラ最難関のひとつですね)

「魔笛」の夜の女王

(言わずもがな、ソプラノ最高音hihiFの出てくる作品のひとつ)


音域がE3からF6、というあたりでお察しかと思いますが、

幅が広いだけでなく声色のコントロールも巧み。


『器用貧乏なんですよ』、とご本人は笑っていらっしゃいましたけど、これは凄いこと。


めぐちゃん一人いれば公演出来ちゃうって事ね、と言えば、

『実際は作品中で一人で何役もは出来ませんから、

色々練習させていただいている、というだけの事なんですよー💦』

とおっしゃってましたけど。

どのポジションでも演じきる人なんですよね。

可憐なヒロインも、悪女も、コメディー担当も。


演出や構成や振付や衣装デザイン、裏方業もなんでもこなすめぐちゃんだからこその、

広い視野による功績なんだなあと思います。


俯瞰して、どの立ち位置なのかなというのを判断して、完璧に演じきる。


主役をやらせても、脇役をやらせても舞台上で目を引き、光る人です。

そしてその為に、すごく努力をしてきた人なんです。



最新記事

すべて表示

めぐちゃんに叱られる!?

今回は、ご贔屓さんから学んだ、 ものの伝え方って大事だなと思ったお話です。 めぐちゃんは役で色々な口調を使っているので 時代がかった言葉遣いに引っ張られたり、 つい語尾がガサツになってしまうこともあるそう。 その為普段は、極力柔らかい話し方を心掛けている、とおっしゃっていました。 確かに素の彼女は落ち着いた優しい声音です。 上品だしポジティブな言葉選びなので話していると安らぐし元気が出ます。 でも

Comentarios


bottom of page